よりよい製品づくりを目指して.

やわらかい皮革と気持ち良いファブリックの下には、本物の工学技術の粋を集めています。多面的なスプリングから、あなたの身体に合わせて動くウレタンフォームに至るまで、ストレスレス®製品に組み込まれるあらゆる部品は、最上の座り心地をもたらすために綿密に組み立てられています。快適さと動きの科学を理解することで、世界で一番快適で他にはない家具をデザインしたいという私たちの革新的な精神と意欲に火がつきました。

硬い欧州産のブナを用いてコア部分を作るところから始まり、木工職人はエレガントなカーブを描く丈夫なベースとこの椅子に特長的な回転式のリングを作り出します。木部は完全に塗装され、欠陥品を除外するために検品されます。

木工職人は、エレガントなカーブを描いた丈夫なベースと、当社独自の回転式のリングを作っています。 ロボットが巧みに椅子の特定パーツを作り上げています。

丈夫なベースの上には、複雑なスプリング、発泡フォーム、そして一本の切れ目のない鉄の棒が組み合わされ、すべての構造を支えています。プラス™システムには、スプリングの複雑な構造に極限まで曲げられるランバースプリングがあり、背中、首、頭部を支え、どのリクライニングポジションでも最適にサポートします。一本の鉄製の棒を独自の冷間曲げで作成します。これはかなり難しい工程ですが、製品の耐久性を高めます。

次に、できるだけ最も柔らかく、最も快適なシート部分を作るために発泡フォームを重ねあわせます。コンフォートゾーンの™発泡フォームはスチールベースの上に直接成形され、同じエアポケットができるように穴があけられます。この一貫した工程により、発泡フォームの通気性が確保され、長持ちするクッションができます。発泡フォームがもう2層重ね合わされていることで、座席が守られ十分に機能的になります。

一本の鉄製の棒を独自の冷間曲げで作成します。 当社の木部にはすべて欧州産のブナが使われています。

トップグレイン皮革は、色ムラが出ないか、耐久性、伸縮性の広範囲なテストが行われます。これらの皮革は世界中の上質な皮なめし工場から集められ、裁断され、発泡フォームの上に引き伸ばされた後、自社の裁縫部門で縫い合わされます。

ロボットにより各部品の丁寧な組立が行われた後、各部が人の手で組み立てられ、最高級の品質が確保されるよう包括的な検品が行われて完成です。世界で最も優れた心地の良い製品を作るには、一層ひたむきな姿勢が必要になるのです。

工場からお客様へ、最新製品がお客様のお気に入りの椅子となるよう、私たちの製品は傑出したエンジニアリングとともに発展を遂げました。