エコーネス本社新社長就任 - 25.06.2009

PostedOn

エコーネス本社にて新社長オイビン・トールレンが就任しました。

エコーネス本社にて新社長オイビン・トールレンが就任しました。

6月22日の役員会議でオイビン・トールレン(39歳)がエコーネスグループの社長およびCEO(最高責 任者)に承認されました。トールレン氏は経営陣の世代交代に先駆け、2007年からエコーネス社の副社長を務めていました。経済学、経営学の修士学位を持 ち、水産事業、金融、コンサルティング業界での経営部門の経験を持っています。

今年65歳を迎える前社長のニルス・フレデリック・ドラブロスは1991年にエコーネス社に入社し、1996年に社長に就任しました。ドラブロス氏は引き続き、後継者のオイビン・トールレンと協力しエコーネス社の発展事業に取り組み続けます。

Photo: 前任のニルス・フレデリック・ドラブロス(写真左)と新社長に就任したオイビン・トールレン(写真右) Out going CEO Nils-Fredrik Drabløs and new CEO Øyvind Tørlen